ただいま定員が一杯で、

募集は中断しております。





私も最初はそう思っていました。ところが・・・・・















具体的に、どんなアドバイスを行って、どんな成果を上げたのかを列記します。少々長くはなりますが、お付き合い頂けたら嬉しいです。

新規客の入りが思わしくない居酒屋さんに、ワードを筆ペンで作ったチラシのプロデュース。100枚配布すると平均7組来店!

大手検索サイトを月七万円かけて導入したものの、効果がない→月1万円の一番安いプランに変更し、それでも集客人数が1,3倍アップ!

人口わずか一万人の街で営む居酒屋さんが、年々売り上げ減少→顧客フォローの仕組みとネット集客で、翌年夏場に最高売り上げ達成

店頭のディスプレーと看板一式を変更するプランニングを担当。その後宴会の予約が急増。かかったコストはたった102万円のみ

たった180件にDMを送付し、68人が来店したフレンチレストランのDMをプロデュース

来店した顧客をリスト化したい、でも顧客リストを集める方法がわからない居酒屋さんに、声をかけると80%が個人情報を記載してくれる仕組みを考案

 ニュースレターを出しているけど効果がイマイチのイタリアンレストランに、ニュースレターから来店に結び付けるシナリオをレクチャー。その後リピーターと来店頻度が増加する

 忘年会のチラシをアドバイスし、たった3000部の折り込みチラシで30件以上の宴会受注!
 開店して12年目、徐々に低迷している店に、A型看板+手作りチラシで新規客を増やし、徹底的なリピーターの囲い込みでほぼ前年比の水準に戻る

 単価ダウンに悩むらーめん店にアドバイス、その後は客単価平均¥58アップ

 看板メニューで悩む地方の居酒屋さんに、新メニューを開発せずに、看板アイテムを量産する方法を伝授

 メニューブックのレイアウト、コピーをアドバイスすると、毎日ロスになっていた商品が一気に看板メニューに変身!

 宴会の集客がうまくいかなかった地方の海鮮料理店にアドバイスし、近隣の事業所から宴会獲得法を実施。前年よりも17%アップの売上に

 新店舗出店を機に、社内の統率が取れずに悩む企業に、マネジメントの仕組みを落とし込む。その後、離職率やバイトの定着率が大幅にアップ。高すぎる求人広告費も前年の半分に抑える

 何をしたらよいかわからない・・・・と悩む洋食店に、看板、チラシによる超小予算集客の方法と、来店後の顧客フォローをアドバイス。ずっと落ち込んでいた売上が、ようやくストップ。ようやく前年を上回った

 平日の売上が伸び悩む串焼き店に対して、A型看板にペンをつかった、団体客の集客方法をアドバイス。

本当はまだまだありますし、守秘義務があって詳しく言えない案件もあります。新業態開発についても実績はあるんです。でも疲れたのでこのくらいでやめます(笑)

その力量を出版社も注目し、今まで4冊の著作を執筆させて頂きました。






今までは、「商品力・サービス力・値段・清潔感が飲食店の繁盛ポイント」と言われていました。
ところが、
商品力やサービス力・値段がさほど変わらない店でも、なぜある店は繁盛し続けて、なぜある店はある店はいつも売上に悩むのでしょうか?

その理由は、いたってシンプルです。





看板メニュー、熱血朝礼、クレド、ニュースレター、お礼状、DM、携帯メルマガ、チラシ・ビラ、ぐるなびなどの検索サイト、ポスティング、法人回り、3ポイントカード・・・・

、色々なノウハウが存在して、これらのに関する書籍やセミナー、情報商材もは世の中に氾濫しています。

しかし、
情報は腐るほど増えているのに、『マニュアルの通りのノウハウを実践したけど、成果が出ないじゃないか!』という人も増えている、これが現実です。

なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?
理由はきわめてシンプルです。
書籍や教材を含めた、マニュアルには『誰にとっても差し障りがない、最大公約数』のノウハウしか書かれていないからです。


例えば、ブームの『大声を張り上げる朝礼』。

若い人が顧客の居酒屋さんでは、接客では勢いを強調すれば店に活気が出ます。そんな業態なら大声を上げる朝礼は役に立つかもしれません。

ただし、交際費を使えるビジネスオーナーや、仕事の打ち合わせで使う大人のダイニングで実践したら?スタッフの接客がうるさく感じ、常連さんが離れてしまって売上を落としてしまうのです。

つまり、ある人が成功した事例は、他の人の成功事例にはなるわけではありません。
むしろ、他の人にとって害を及ぼすことが少なくはないのですが
「100店舖あれば100店とも業績を上げるアプローチは異なる」という事を、人は忘れてしまいがちです。

このシンプルな事実を忘れてしまうと、業界誌や書籍、セミナーやネットなどの情報源を漁り始める方が多いのですが・・・・・残念なことに、本やセミナー、教材などにはあなたにとっての正解が書かれているはずがありません。

だから、
業績を上げたければ、あなたの状況にあった正解を見つけるしかないのです。




世間では「飲食店経営の専門家」が自称、他称問わずたくさんいます。10億円企業を上場させるノウハウの専門家や、出店立地の判定など、特定のスキルに長けたコンサルタントもいます。

私の専門分野は「販促」ですが、ただ販促のアイデアを出すだけではありません。
と言うのも、「
販促に依存せず売上を伸ばせる店を、販促を使ってプロデュースする」事が私のポリシーだからです。

「販促」=その場限りの効果しか出せない「一発花火」・・・そんなイメージがありませんか?

ただし私はそういった「一発屋の販促」と異なり、一発当てるための販促を行ないません。
そうではなく、私は
「ライバルと競争しなくても勝つシナリオを描き、それに必要な販促方法を具体的にアドバイスする『飲食店の独自化販促プロデュース』を行うのです。

飲食店の独自化販促プロデュース・・・・今までは存在しない言葉なので、面喰らう方もいるでしょう。私がプロデュースすることを画像化しましたので、ご覧ください。

私がアドバイスするのは、図の様な仕組み作りです。




飲食店や店舗に儲けをもたらすのは、新規客ではなくリピーターです


なぜなら、新規客がいくら増えても、再び来店しなければ、飲食店が利益を出すことは難しい・・・・・ここが腹に落ちていないと、その日その月の売上を作るために販促中毒になってしまいがちです。

リピーターが増えるためには、次の二つの要素が必要不可欠です。

圧倒的な特徴×リピートしてもらう仕組み作り

この二つが掛け合った相乗効果で、リピート率が良くあるのであって、片方だけ手を打っても、リピート率は上がりません。

最近ニュースレターなどを使った販促が流行っています。
しかし、いかに販促の仕組みが高度だとしても、仕組みだけで常連さんが増えることは滅多にありません


なぜなら、ライバル店とあなたの店が差が無ければ、お客さんは簡単に浮気するもんです。きわめて常識的ですが、ライバルとは圧倒的な違いを打ち出している店だけに、お客さんはリピートしてくれるのです。「他店ではなく、あなたの店を選ぶだけの特徴」が足りなければ、リピートしてもらう仕組みが生きません。これも、きわめて常識的なことです。

だから、
圧倒的な特徴×リピートしてもらう仕組み、この両方を磨くことが必要不可欠と言えます。






私に寄せられる相談の多くが「新規客を増やす方法」についてですが、残念なことに、新規客を増やす方法だけで業績は良くなりません。

なぜなら、新規客を獲得する場合、広告宣伝費に予算がたくさんかかるからです。

私が調査したところ、新規客を一人獲得するコストは、リピーターを維持するコストに比べて5,5倍〜12倍かかります。つまり、
新規客の集客で売上を賄う場合、リピーターを維持するコストの6倍〜12倍の広告宣伝費を覚悟しなければいけません。だから、新規客を増やすことだけに躍起になっても、利益は出せないことを知る必要があります。

しつこいようですが、店舗に利益をもたらすのはリピーターであって、新規客ではありません。
新規客を集客する目的は、新規客の来店で売上を増やすことではありません。
リピーターになる金の卵を小予算で集めること
が、新規客を増やす目的なのです。


ここが腹に落ちていない人は、日々の売上を稼ぐために一発当てようとします。




あなたのために、あなただけの解決策をアドバイスし、それをあなたの実践をサポートするプログラムがあります。それが『電話コンサルティング制度』です。

このプログラムは、一般的なコンサルティング制度とは大きく異なります。



「この広告、キャッチコピーが弱いです」「とりあえずネットで集客しましょう」この程度のアドバイスは具体的とは言えません。
そうではなく、「冒頭のキャッチコピーはこう変えるとよいですよ!」「御社の場合、ホームページではなく、ツイッターとブログを連動すると良いと思います。具体的には・・・・」と具体的な方法論やすすめ方についても詳しくアドバイスします。


ボート競技のオリンピック代表選手は、豪華客船の運転ができるでしょうか?
たとえ日本一だとしても、手漕ぎボートの運転技術では豪華客船の運転はできません。
手漕ぎボートと豪華客船の操縦では、求められる資質が異なるからです。

店舗の経営でも一緒で、全国50店舗のチェーン店と、地域密着で数店舗を経営する企業では、業績を上げるための方法論はことごとく異なります。
このプログラムでは、あなたの現状や規模に合った方法論をアドバイスします。


販促ツールなどは、希望する場合には月に一回まで添削に対応します。ただし、最初は私のアドバイスをもとに、あなたが原案を考える必要があります。ですから、すべて丸投げしたい方はご遠慮ください。

逆に、このプログラムで出来ないことを申し上げます。
このプログラムで出来ないことは、研修の代行、レシピの提供、ミステリーショッパー、そして味見です。残念ながらあなたの店にお伺いは出来ないので、これらの相談だけはお受けできません。
逆にそれ以外の相談はすべて対応可能です。

2010年4月、実際ににあった相談はこのような内容です。
新規客獲得のための広告宣伝、リピーターを維持する販促の仕組み作り、Web集客、マネジメント、店舗の改装について、売るための環境演出、テナント代の減額の交渉、その他の店舗経営コストの削減、出店戦略、参入する業態、メニューブックやメニューのラインナップについて、また異業種参入の相談・・・・




このプログラムの目的は、「販促を通じてロングセラーな飲食店をプロデュース」することです。
だから●●法などの高尚な理論や、あるいは高額な調査を繰り変えず現状分析は行いません。
私が言う「プロデュース」とは、あなたに必要のないことは手を付けず、必要不可欠な事だけに集中降下して、なるべく短期間で成果を上げることです。
それがある人にとって、現在の課題は顧客のリピート率を高める仕組み作りかもしれません。ただし、他の人にとっては、業態をマーナーチェンジすることだったり、あるいは高すぎる家賃を下げることかもしれません。

このように、同じ業態で同じ規模の店でも、今の状況によって業績を上げる取り組みは異なります。したがって、アドバイス内容は、今のあなたに置かれた状況に応じた、オーダーメイドのプロデュースとお考えください。



あなたを販促ジャンキーにするつもりはありません。長期的には広告宣伝をしなくても繁盛できる店になって欲しいのです。


それでは、具体的なプログラムの内容についてお伝えします。




電話を使ったコンサルティングは予約制になっております。
月末に翌月の電話相談のスケジュールが公開されるので、あなたの都合のよい枠を選んで、email,Fax、専用フォームなどで予約してください。

電話コンサルティングの時間は、一回30分(時間があれば、少々の延長は可能です)で、月に相談できる回数は最大3回までで、込み入った相談をしたい場合は、2コマ連続で一回60分の相談もOKです。

「30分の相談時間が短かいのではないか?」という心配は御無用です。
事前に相談内容をお知らせいただける「相談シート」があります。

私はあなたの相談内容を事前に把握して、その上で電話コンサルティングに臨みます。
ですから、実際の相談はこのように始まります。
「こんにちは、早川です。今回の相談についてお答えすると・・・・」
ですから、30分の相談は決して短くはありません。




ただしメールやFAXを使ったアドバイスは、あくまで電話コンサルティングで対応できなかった場合のアシストとしてお使いください。



販促ツールに限って、添削は月に一回まで対応いたします。


コンサルティング料金ですが、通常毎月訪問する顧問契約であれば、私のフィーは半日4時間で35万円のフィーを頂いています。
世間相場より高いと思いますが、ありがたいことに顧問契約を続けてくださる企業様があります。
したがって、私の時間の制約の関係で、この顧問契約は募集していません。

ただし、今回の電話コンサルティングの料金ですが、あなたのお店に毎月訪問する訳ではないので、さすがに高い金額をチャージするつもりはありません。今回の電話コンサルティング制度の費用は、次の通りです。


電話コンサルティング(月三回の電話メールFAX相談、添削のアシスト)
 
相談料  月額 ¥30,000+消費税

※相談料のお支払いは、銀行口座からの自動引落しになります。



Q:コンサルティングの期間はあるのですか?また途中で解約はできるのですか?

A:期間の定めはありません。いつでも途中解約はできます。ただし、長期的なアドバイスが必要なプログラムなので、結果を出すまで数か月以上かかります。さらに、店のルーチンワークで対応できる仕組みにするには、早くとも一年から二年はかかります。

このプログラムを一年以上利用するつもりでご利用下さると結果が出やすいと思われます。


Q:当方はオーナーシェフなので、一週間に数時間しか販促に時間が割けません。それでも大丈夫でしょうか?

A、 無論、販促にたくさん時間が裂ける方が有利です。正直,時間が取れないことはとハンデになります。ただし、そのハンデを工夫する覚悟があれば、あなたの割ける時間、スキルにあわせて適切な方法論をアドバイスします。
目安として、休日も含めて週に5時間以上の時間を作れればハンデにならないでしょう。


Q:コンサルティングを受ければ、確実に業績は良くなりますか?

A:残念ながら、このサービスはあなたに代わって経営することではありません。ですから、的確なアドバイスを受けても、何も実行しなかったら、業績が良くなりませんし、一生懸命に販促を行っても、商品力やサービス力が低い店は、儲かるはずがありません。

ただし、あなたの店に適切なアドバイスは差し上げられる、ここだけはお約束しましょう

と言うのも、私のアドバイスは机上の空論でなく、北海道から鹿児島まで多くの飲食店が実践したうえで、多くの人が成果を上げられた方法がアドバイスのベースになっています。それをあなたの業種、業態、立地、規模、あなたの資質に併せて、オーダーメイドのアドバイスをする、いわゆる“超実践主義”です。
したがって、自力でセミナーに出たり、本を読んで試行錯誤することと比べたら、時間、投資をはるかに減らすことが可能ですし、成功する確率は独学に比べれば間違いなく高くなります。その点はお約束できます。


Q:このプログラムを受けているのは、どんな業種、規模の飲食店さんなのですか?

A:実は現在でも全国で37店がこのプログラムを受けていますが、鯛焼き店、ラーメン店、蕎麦店から居酒屋、宅配専門店、レストラン、複数経営する企業まで業種、規模は様々です。
個人経営のオーナーシェフも少なくはありませんが、年商1億円〜10億円までの複数店舗を経営している企業様であれば、翌月から結果を出すことも珍しくありません。経験則で言うと、この規模の飲食店を経営されている場合、広告宣伝費に無駄が多いのです。
ここを見直すだけで、効果が実感できるはずです。


Q:店の定休日が日曜祝日だけです。日曜祝日にコンサルティングは対応できますか?

A:大丈夫です。月に2回は、日曜日の電話コンサルティングのスケジュールを組んでいます。


Q:短期的な広告宣伝より、どんな店を出店するか、経営の方向性や、日々の営業で起こる人や組織の問題で悩んでます。こういった相談は対応できるでしょうか?

A:問題ありません。と言うよりも、私が得意とするのは「ライバルと競争せず勝つための戦略構築」です。そして戦略を遂行するためには、販促だけで物事は解決できません。いずれ人の問題も出てくるはずですし、次にどんな業態をどこに出店すべきかも悩むでしょう。

早川はセラピーの要素を取り入れて、経営者の悩みを聞き出し、そして解決策をアドバイスします。そしてあなたにアドバイスする内容は、早川だけの経験則ではなく、全国300店以上の店舗経営者が実践した内容がベースになっています。
したがって、どう対応したら良いか迷う時の参謀役としても、このプログラムは重宝すると思います。、



最後に、あなたはこのような不安をお持ちではありませんか?
「申し込んではみたけど、アドバイスが的確でなければどうしよう・・・」

特に、今まで私とお付き合いが無かった方であれば、尚更そう思われるかもしれません。
ただし、過度な心配は無用です。

このプログラムを導入するかどうか、最終的な決断を今はしなくていいからです。

電話コンサルティング制度には、トライアル制度が設けられています
トライアル申込が終了した後、あなたは1回の無料電話コンサルティングが受けられます。(初回のみこちらから質問が多いので、相談時間は60分下さい。)

トライアルのコンサルティングでは、あなたの現状をお聞きします。
そして、あなたの店の長期的な対応策をお話ししましょう。
その長期的な対応策を聞いたうえで、最終的な決断をしていただければ結構です。


もしも、相談中に「これは何か違う!」と感じて、このプログラムの導入をしない決断をアナウンスしても、プログラムを導入するように説得したり、プログラムを導入しない理由を問いただすことは一切ありません。さらに、トライアルの電話コンサルティングの費用は無料です。

興味があれば、このトライアル制度を試すかどうかだけを決めて頂ければ良いのです。





大事なことなのでお話しさせてください。

私はあなたの代わりに経営は出来ません。
私はあなたの経営企画室長であり、参謀でありコーチにはなれますが、経営の代行はできません。
誤解しないようにお伝えすると、次の相談はこのプログラムで十分に対応できます。

○ 販促ツールの内容やテーマに関する相談
○ 出来上がった広告の原案を見ながら、修正した方が良い部分をアドバイスすること
○ あるいは、広告やチラシ、販促ツールの原稿をメール、あるいはファックスして頂いたら、それに対する添削
○ 今後どんな方向で経営すべきか?方向性を協議し、実行するまでのシナリオをあなたと一緒に考えること


販促ツールの効果を上げるための段取りですが、まずは私がアドバイスします。そのアドバイスをもとに、あなたが原案を考える必要があります。その原案に対して、私は適切な修正をします。だから、「時間がない自分でも成果が出せるか?」と心配することはありません。

ただし、このようなことはできません。


× お金を払ったんだから、あとはお前が考えてくれ!
× 広告制作会社と打ち合わせして、納品までの段取りを代行してくれ!
× めんどくさいから、全部お前に任せる。あとは儲けさせてくれ!
× 予算3万円の広告で、300万円の利益を作ってくれ(あり得ません)


また、私からあなたに連絡することは、基本的にはありません。

というのも、私は全国300店以上の飲食店とお付き合いをしている都合上、全員と連絡を取るだけで朝から晩まで対応しても数日〜一週間かかってしまい、サービスのクオリティーも落ちてしまうからです。

もちろん、あなたはファックス、e-mail、専用フォームを使って、いつでも相談の予約を入れることができます。
にもかかわらず、予約をせずに「お金を払ったんだから、きちんとサポートしろ!」という方に、私はどうすることもできません。なぜなら、このコンサルティングサービスでは、「あなたのタイムスケジュールを管理する」ということは出来ないからです。





このプログラムには、出来ないジャンルがあります。それは、「潰れそうな店を短期間で繁盛店に導くこと」です。

だから、以下に当てはまる方は、絶対に参加しないでください。

× カードローンなどでやりくりしないと、店を経営できない方
× 「潰れそうです、このままでは、あと数か月しか持たないから、何とか助けて下さい」と藁にもすがる方。どうかお引き取り下さい。
× 「お金は払ったから、あとはお前が考えろ!」と自分で考え、実践する心構えがない方。私は仕事に困ってません。何でもやってくれる他のコンサルタントを当たって下さい。
× 賞味期限切れの食材でも平気で出すような倫理観のない方。私は、こういう方のサポートはできません。
× コンサルタントが魔法使いの様に勘違いしている方。相談すれば未来はバラ色になると勘違いしている方。私は魔法を使えません。)
× 努力しないで儲けたい方(今の日本にそんなオイシイ話はありません。)
× 加盟店のほとんどが赤字にもかかわらず、加盟店集客を行うFC本部(詐欺の片棒を担ぐつもりはありません)


そうではなく、私が心底お手伝いしたい方は、飲食を通じて、お客さんを喜ばせることに誇りと喜びを感じている方です。

だから、このサービスを利用して結果を出せるのは、こんな方です。


◎ 私のアドバイスをもとに、自分なりに考え、実践することをいとわない方
◎ 飲食店が好きで、お客様の満足させられるスキルをお持ちの方
◎ 最終的に、自己責任で自らの判断が判断できる方





最後に、この機会があなたにとって何らかのチャンスになると思ったら、決断を後回しにしないでください。というのも、このプログラムの参加枠は、5店までに限定したからです。

これが、現在の私が対応できる物理的に上限です。
と言うのも、このプログラム以外に、私には全国にクライアント様がいらっしゃるので、現在のクライント様のサポートを疎かにすることはできません。

その都合で、申し込みが5件になった時点(あるいは、それ以下でも私が対応できかねる状況になったとき)で、キャンセル待ちとさせていただきます。何卒ご理解ください。




私は元飲食店の経営者です。
本当は、私はコンサルタントになりたくてなった訳じゃないんですね。

ある日、自転車で帰宅中に、自動車との接触事故に巻き込まれて負傷し、しばらく店を休業しました。

その後遺症から、店の営業を再開した後の厨房での仕事がちょっとしんどくなりなったのです。
私が営んでいた店は、自分がメニューを考え、自分が納得できる料理を提供する、いわば完全にオーナーシェフの店でした。だから、自分以外の人が厨房に立って料理を提供することは考えられない。でも、後遺症で体力仕事がしんどくなる・・・・・

結論として「自分が厨房に立たなくても、経営できる飲食店に参入しないと、このスタイルは体力的に続かない」と判断したのです。

その後、M&A業者に仲介をお願いして、自分が0から作り上げたお店の営業権を売り出しました。
幸いなことに、私が経営していた店舗は高収益だったために、買い先の方が高値で購入して頂いたのです。

で、一年間かけて、次に参入する業態と、物件探しをじっくり練ることにしました。
その矢先に、知り合いからメニュー改定や販促、チラシの添削のアドバイスをしているうちに、自然と現在の職業にたどり着いたのです。

今は、(自分でコンサルタントと名乗りませんが)コンサルタントと言われていますが、根っこは飲食店経営者であり、起業家です。
時間が出来たら、私もまた自分の店舗を経営したいし、飲食店が大好きです。
反対に、精神論や抽象論、あるいは役に立たない調査研修が大っ嫌いです。


父も会社の業績を二部上場寸前まで拡大したことがあります。
でも、最終的には父の会社は解散しました。
だから、経営の怖さも知っています。

父は詐欺にあい、大切な会社をたたむことになりました。私はそれを間近に見たので、ペテン師がどう騙すか?その手口も知っています。

こんな経歴からか、あなたが自分の店舗、家族をどれだけ真剣に守りたいか、私はよくわかります。辛いほどわかります。でも、すべての依頼を受けることは出来ないのです。

私が関わっても、状況が良くならないと判断した場合、失礼な話ですが私からお断りすることも少なくありません。

生意気かもしれませんが、その時ははっきり言います。

なぜなら、私が関わっても効果が望めないことがわかっているのに、私はしゃあしゃあとお金を請求したくない。そして、成果が出ないことがわかっているのに、あなたの大切なお金を使って欲しくない。

だから、もしも私があなたの相談をお断りすることがあったとしても、それは悪意ではなく、あなたを守るための最良の手段です。その時は何卒ご理解ください。


逆に、トライアルの最中に「ボクは、大丈夫だと思いますよ」とアナウンスした店舗に限って言うと、78%は業績を伸ばしている、これも事実です。
だから興味があれば、今すぐ無料トライアルの申込を済ませて下さい。
トライアルの申込書は、「無料トライアルコンサルティングに申し込む」をクリックして、必要事項を記載するだけの簡単な作業です。

それでは、トライアルの電話コンサルティングで、あなたとお話し出来ることを楽しみにしてます。

ここまでお読みになったあなたは、間違いなく行動力はある方でしょう。
大丈夫、きっとあなたならできますよ。





追伸

自分の時間が取れないのが私の悩みです。このプログラムよりもはるかに高額なクライアント様のサポートも行っているので、この制度は5人に限定させていただきます。

追伸2

残念ながら費用に関しては一切値引きできません。
このプログラムの価格は、税理士の顧問料と変わらない程度の金額です。
税理士の先生は税務や節税のプロですが、売上を伸ばす具体策についてはプロではありません。
ここで再度考えて頂きたいのです。
あなたにとって今必要なのは、税務のアドバイスが必要でしょうか?それとも売上を伸ばすことでしょうか?

あとは、あなたのご判断にお任せします。


   


トップページに戻る    プライバシーポリシー    特商上の表記